4/7vs大宮アルディージャ
4/7vs大宮アルディージャ

レノファ山口FC

slogan 2018
2018スローガン
  • facebook
  • twitter
  • レノファ山口youtubeチャンネル
トップページ > 試合結果 > 2017明治安田生命J2リーグ > 第33節 レノファ山口FC vs. FC岐阜
試合結果
  • 試合結果データ
  • 試合結果フォト
レノファ山口
維新百年記念公園陸上競技場
試合終了
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
FC岐阜
試合情報
第33節 レノファ山口FC vs. FC岐阜 入場者数3,646人
2017.9.1618:03キックオフ
維新百年記念公園陸上競技場

[GK] 42 吉満 大介
[DF] 02 宮城 雅史
[DF] 03 渡辺 広大
[DF] 30 アベル ルシアッティ
[DF] 06 前 貴之
[DF] 19 星 雄次
[DF] 04 福元 洋平
[MF] 29 三幸 秀稔
[MF] 40 小塚 和季
[FW] 09 岸田 和人
[FW] 28 レオナルド ラモス

メンバー

[GK] 25 ビクトル
[DF] 17 大本 祐槻
[DF] 15 田森 大己
[DF] 02 阿部 正紀
[DF] 16 福村 貴幸
[MF] 23 小野 悠斗
[MF] 10 庄司 悦大
[MF] 06 シシーニョ
[FW] 07 田中 パウロ淳一
[FW] 14 風間 宏矢
[FW] 11 古橋 亨梧

[GK] 33 山田 元気
[MF] 08 小野瀬 康介
[MF] 11 鳥養 祐矢
[MF] 14 髙柳 一誠
[MF] 17 加藤 大樹
[MF] 24 マルセロ ビダル
[FW] 27 大石 治寿

SUB

[GK] 21 高木 義成
[DF] 05 青木 翼
[DF] 26 磐瀬 剛
[MF] 08 野澤 英之
[MF] 22 山田 晃平
[MF] 28 永島 悠史
[FW] 24 難波 宏明

[前半]2本 [後半]3本 シュート [前半]9本 [後半]13本
[前半]4本 [後半]4本 GK [前半]1本 [後半]4本
[前半]0本 [後半]0本 CK [前半]4本 [後半]4本
[前半]4本 [後半]7本 直接FK [前半]7本 [後半]6本
[前半]1本 [後半]1本 間接FK [前半]6本 [後半]0本
[前半]0本 [後半]0本 PK [前半]0本 [後半]0本
[前半]1 [後半]1 オフサイド [前半]6 [後半]0
得点

90分 難波 宏明

72分 岸田 和人 → 大石 治寿
79分 福元 洋平 → 鳥養 祐矢
92分 星 雄次 → 加藤 大樹

交代

79分 田中 パウロ淳一 → 永島 悠史
88分 風間 宏矢 → 難波 宏明

10分 宮城 雅史

警告

34分 庄司 悦大
76分 阿部 正紀

39分 レオナルド ラモス

退場

監督のコメント

厳しい試合でした。前半はFC岐阜のほうがボールを持っていましたが、拮抗していました。一人少ない中で後半は厳しい試合になりました。一人少ない中で選手たちは頑張ってくれて、耐えてくれました。しかし最後の最後で負けてしまったことは、選手の頑張りを思うととても残念に思います。

 

- 一人少ない中での戦術は? カウンターが選択肢になったのか?

一人少ないので0-0の状況を長くキープしたいと思っていました。プランとしては自陣で守って早い攻撃に繋げていきたいというものでした。

 

-GKの好セーブで1失点に留まった。守備への評価は?

繰り返しになりますが一人少ない中では0-0のキープも難しいですが、吉満選手のいいプレーが光りました。それ以外でもフィールドプレーヤーはよく頑張ってくれて、守ってくれていたと思います。

 

-選手交代のタイミングはもっと早くできなかったのか?

フィールドにいる選手たちが頑張ってくれていました。交代では代えなければならない状況がありました。福元選手はケガでしたので代えなければならない状況でした。ディフェンス面に関しては上手く守れていましたので、あまりいじりたくなかったので、その交代のタイミングになりました。

 

-残り10試合を切った。どのようなプランで進めていくか?

まずはけが人を見ていかなければいけないです。少し前の試合まで出ていた選手でもケガをした選手もいます。火曜日、水曜日にはチームが見えてきますので、一週間を使って修正していきたいと思います。

 

選手のコメント

42.吉満 大介選手

-今日の試合を振り返ってほしい。

チームを勝利に導けませんでした。いつも集中して取り組んでいますが、それ以上に集中していましたが、勝ち点3を取ることができませんでした。

 

-守備陣に関してはどう見えていたか?

守備陣は身体を張って守ってくれていました。最後のところを守れていれば勝ち点は取れていました。

 

-一人少なくなったあと、どういう戦いをしたか。またハーフタイムでの指示は?

自分たちが攻撃のスイッチを早く入れられるかがキーポイントでしたが、一人少なくなってしまいました。我慢強くということで、我慢強く守備をしていましたが、最後のところでやられたのは自分たちに問題がありました。最後のところは相手の選手の受け渡しというちょっとのところでした。

 

-今後に向けては?

目の前の一戦一戦を戦い、自分自身もゼロで抑えられるように集中していきたいです。

 

11.鳥養 祐矢選手

-どういうプランだったか?

リーグナンバーワンのポゼッションでしたので、持たれる時間は長くなるのは分かっていましたが、いい形で取れればショートカウンターができるのでそこを狙っていこうという話はしていました。

 

-ファーストシュートはレノファだったが、そのあとの展開は?

最後の最後で跳ね返せていましたが、前に行く選手が少なかったのかなというのもありますし、守るだけのゲームになってしまったのかなと思います。

 

-シュートに行けなかった課題はどこか?

10人で戦わなくてはいけなくなった中で、あれだけ保持されると厳しいゲームになりますし、なるべくなら自分たちが保持できる時間があれば良かったですが。

 

-今後に向けて修正するポイントは?

残り9試合になりましたし、ここからやるべきことは一つ一つの試合を必ず勝つこと。負けや引き分けではなく勝ちが必要。しっかり勝ちを目指し一人一人が今日の負けを糧にして、しっかり頭を整理してやらないといけないです。ファン、サポーターのみなさんがずっとここまで背中を押してくれていますし、気持ちを背負ってしっかり一試合一試合戦いたいです。

 

-湘南戦からはどういう修正をしたのか?

湘南戦はミスからの失点だったので、ミスの部分をしっかり減らしていこうと監督も話していましたし、僕らもああいうゲームをしてはいけないと思っていました。そういうミスからの失点はなかったですが、残り3分で失点したのは、今シーズン、ああいう時間での失点が多いので、耐えられるかをなんとか改善しないといけないです。

 

-チームに今、足りないことは?

練習の雰囲気はいいですし、メンタルの勝ちたいという気持ちも出ています。一人一人が助け合いながらやることもできていますので、なんとか勝ち点を取れるようにやっていかないといけないです。一人少なくなって苦しいゲームでしたが、退場した選手も試合は出られないですが練習からしっかりやってくれると思います。チームが一つにならないといけないので、僕がまとめられるように頑張っていきたいです。

 

 

OFFICIAL PREMIUM PARTNER
aeoncreditcoopyamaguchi
トヨペット_toppu
OFFICIAL PARTNER
Top