レノファ山口FC

試合情報
meijiyasudaj2

第8節43日(水)

観衆 2,158人 天候 雨のち曇 気温 16.8度 湿度 90% 主審:石丸 秀平 副審:亀川 哲弘/松本 康之 四審:堀 善仁

明治安田J2リーグ

43日(水)19:00

維新みらいふスタジアム

HOME

レノファ山口

レノファ山口FC

明治安田J2リーグ

43日(水)19:00

維新みらいふスタジアム

試合終了

1

0前半0

1後半2

2
  • 53分 平瀬 大
  • 82分 神代 慶人
    89分 神代 慶人

AWAY

kumamoto

ロアッソ熊本

53分 平瀬 大
得点者 82分 神代 慶人
89分 神代 慶人
57分 田邉 光平→野寄 和哉
57分 吉岡 雅和→小林 成豪
68分 シルビオ ジュニオール→山本 駿亮
85分 河野 孝汰→佐藤 謙介
選手交代 46*分 伊東 俊→道脇 豊
46*分 ベ ジョンミン→大﨑 舜
71分 東山 達稀→岩下 航
76分 松岡 瑠夢→神代 慶人
19 シュート 10
5 GK 10
3 CK 10
9 直接FK 9
1 間接FK 1
0 PK 2
1 オフサイド 1
警告 20分 ベ ジョンミン
90分 大﨑 舜
退場

レノファ山口FC

LINE-UP

GK21関 憲太郎
DF15前 貴之
DF40平瀬 大
DF6キム ボムヨン
DF48新保 海鈴
MF16吉岡 雅和
MF18相田 勇樹
MF37田邉 光平
MF20河野 孝汰
FW94シルビオ ジュニオール
FW24梅木 翼

SUBSTITUTES

GK1チェ ヒョンチャン
DF13板倉 洸
MF8佐藤 謙介
MF28小林 成豪
MF7加藤 潤也
MF68野寄 和哉
FW19山本 駿亮

ロアッソ熊本

LINE-UP

GK1田代 琉我
DF2黒木 晃平
DF24江﨑 巧朗
DF3大西 遼太郎
MF8上村 周平
MF21豊田 歩
MF9大本 祐槻
MF30東山 達稀
FW11ベ ジョンミン
FW10伊東 俊
FW16松岡 瑠夢

SUBSTITUTES

GK23佐藤 優也
DF6岡崎 慎
DF13岩下 航
MF15三島 頌平
FW20大﨑 舜
FW28神代 慶人
FW29道脇 豊
dazn

ハイライト動画

監督コメント

監督コメント

志垣監督コメント

(試合総括)

大雨の中でも多くのサポーターが駆けつけてくれた中、そういう方々に勝点をプレゼントできず、本当に申し訳なく思います。

試合は前半はうまくセカンドボールを拾えませんでした。最初に私が立てたプラン通りに行かず、なかなかセカンドを拾えないという状況で、相手に勢いを与えてしまったと思っています。後半は修正して立ち上がりは良い形で入れて、その中で先制もできましたが、最初のPKも不必要なプレーでのPKだったと感じています。

2失点目のPKは仕方がないと思いますが、あれがハンドであれば、我々の最後のところもハンドではないかと感じています。これは外的なファクターですので、我々ではどうすることもできませんが、日本サッカーを良くするためにも、審判の方にもしっかり見直して反省してほしいということは伝えました。(我々が審判に)文句を言うとか、不平不満を言うとかではなく、見直して反省してほしいと伝えました。

 

-先制後に押し込まれる時間は長くなった。先制後に変化を感じた部分はあるか?

正直、怖い形、危険なピンチは作られていないですが、一瞬の隙がありました。前半も不必要に滑って引っ掛かってもおかしくないシーンはありましたので、ちゃんと体を運び、相手の正面に入るということはもっともっとやらないといけないと思います。

 

-監督自身として反省点だと思っている部分はあるか?

最後に隙を見せてしまったということでは、僕自身にもまず隙はあったと思います。もっと前半から勢いを持って入れるようにできれば良かったと思います。

 

-悔しさを噛み締めるように選手に促したようだが、どういう意図があるのか?

負け慣れたチームは終わったあとにすぐに切り替えて、笑みをこぼしたり、談笑したりします。そういうチームも見てきましたが、本当に強いチームは細部にこだわって、何が良くなかったか、次にどうすればよいかを考えます。過去は変えられないので、未来を変えるために、次の一歩をどう踏み込むか、深く考え、反省して次に向かってほしいと思います。

 

-平瀬大選手が3試合連続ゴールだったが、どういう評価をしているか?

頼もしくなってきた部分はあると思います。得点を取れたことは喜ばしいですが、PKを取られたシーンは不必要だったと思います。どこかしらに心の隙はあったと思います。そこは反省してほしいと思います。

 

-プラン通りに行かなかった部分はどういうところだったのか?

相手が3-5-2のような形で中盤に5枚いました。最終ラインは4対2だったと思いますが、中盤は相手のほうが数的優位で、全てのボールがセカンドラインで相手に転がっていました。コーナーキックも数多く取られました。そういうところは(ハーフタイムで)修正できたと思います。

 

-リスクを回避した戦いはできていたと思うが、最後に失点した。どういう要因が考えられるか?

私の交代カードを含めて、守り切るかどうか。どうやって2点目を取りに行くか、もう少し明確にすべきだったと思います。守備もしっかりとリスク管理しつつ、攻撃で点を取るというところでいうと、交代にメッセージ性がなかったと思っています。

選手コメント

選手コメント

選手コメント

-試合を振り返ってほしい。

試合前からピッチ状況が分かっていた中で、チームとしてはっきりプレーするところの共通理解を持って臨んだ試合でした。前半はセカンドボールを拾われることが多くなり、押し込まれましたが、そこでしっかり耐えて、後半にダイくん(平瀬大選手)が狙った形で決めてくれて良かったですが、最後に二つの隙でやられたという印象があります。

 

-後半はチャンスも作れていたと思うが、どういう修正をしたか?

監督から強く言われたのはセカンドボールのところです。あとは立ち位置も少し変えた部分があり、良い距離感でゴールに迫れるシーンができました。そういうところを修正して後半に臨みました。

 

-平瀬大選手が3得点目を挙げたが、FW陣としてはどう感じているか?

前線の自分の気持ちとしては常にゴールを狙っています。ダイくんが今、3点を取っていますが、前線の選手のゴールがチームにもっともっと勢いをもたらせると思います。自分がチームが勢いに乗せるようにしないといけないと強く感じています。今日はチャンスは少なかったですが、少ないチャンスでも決め切って、チームを楽にできるような選手になっていきたいと思います。

 

-チームとしての積み上げはどのくらい進んできていると感じているか?

チームとしての雰囲気は悪くないですし、試合を重ねるごとにチームとしての積み上げ、共通理解は良いものができてきていると思います。今日の敗戦は悔しいですが、負けたあとの次の試合が大事になってくると思います。連敗しないために心身ともにしっかりケアして次の試合に臨みたいと思います。

 

-次の試合に向けて、キャプテンとしてどうチームをまとめていきたいか?

キャプテンとしてまずはチームにプラスの声かけはしたいですが、選手一人一人が次の試合にベクトルを向けていますので、あとは次の試合に向かって良い準備をするだけだと思います。

選手コメント

-得点について振り返ってほしい。

自分たちはセットプレーやロングスローが武器の一つです。ディフェンダーが今日は上がっていくチャンスが多い試合でしたので、点につながってよかったです。

 

-相田勇樹選手が短いスローインを選択し、そのあとのクロスを決めた。そこの狙いはどういうものだったのか?

今日のピッチコンディションを踏まえて、セットプレーがカギになるということは監督からも話がありましたし、ロングスローでのチャンスがあれば狙っていくということは話し合っていました。よく(相田)勇樹くんがペナルティーエリアに投げ込んでいたので、たぶん相手も後ろに下がっていたと思います。そうすると足元のスペースが空いてくるので、そこを勇樹くんが使ってくれて良いクロスが上がってきたので、決めるだけでした。

 

-ファールも多い試合だったが、その部分はどう感じているか?

今日のピッチコンディション的に競り合いや球際で激しくぶつかり合うことが増えるのは想定していました。ただ、後半に自陣でのファールの回数が増えて、自分もペナルティーエリアでファールしてPKを与えてしまったので、そこについては本当に反省点だと思います。

 

-PKになってしまった要因はどう考えているか?

もっと冷静に判断できれば良かったと思います。行けると思って飛び込んでしまって、その結果がPKになってしまいましたので、反省して次はそういうプレーがないようにしたいと思います。

 

-次に試合に向けてはどういう修正をしていきたいか?

今までの失点シーンを振り返ると隙を見せて失点する場面が多かったですが、今日は隙を見せないというところではうまくやれていたと思います。守備面では悪くはないと思いますので、そこは継続しながら、細かいポジショニングを修正したり、シュートもしっかり打てているので、しっかり決め切ったり、ワンチャンスをものにできるように、切り替えてやっていきたいと思います。

 

-3試合連続得点という結果についてはどう思っているか?

決めた時は自分でもびっくりしましたが、勝ちにつながっていないので素直には喜べないです。貪欲に狙っていきたいと思いますが、負けないことが一番ですので、負けないために頑張りたいと思います。

フォトギャラリー

フォトギャラリー

Copyright © RENOFA YAMAGUCHI FC