レノファ山口FC

clubinfoクラブ情報

田邉光平選手と末永透瑛選手が山口県立西京高等学校の授業に参加しました!

クラブ情報2024/05/17

レノファ山口FC所属の背番号37田邉光平選手と背番号38末永透瑛選手が、5月16日にJリーグが推進しているシャレン事業(社会連携)と新人研修の一環として、山口県立西京高等学校の授業に参加しました。

西京高校では、昨年より課題研究の授業の中で、課題としてレノファを題材に授業を行っていただいております。今年も引き続き、実施していただいており、普段は株式会社レノファ山口のスタッフが授業に参加していますが、この日は選手2名が参加し生徒8名とともに授業を行いました。

この日のテーマは、8月3日大分トリニータ戦で多くの方にご来場いただくこと。
生徒たちはこれまでの授業で、夏祭りを題材に様々なイベントやグルメを考えており、田邉選手は『冷凍みかん』末永選手は『いちごあめ』が気に入ったようで、実現に向け話をしていました。

約1時間半の授業を終え、田邉選手は『まずは時間をかけてレノファのことを考えてくれたことに感謝しています。その中で出た案を実現させて、ぜひ多くの方にスタジアムに来て欲しい』と語りました。

末永選手は「同世代の方々がレノファの事を考えてくださるのはとても嬉しいと同時に皆さんと一緒に考えて、同じ目線で話せて物事を考えられたのはとてもいい経験になりました」と振り返りました。

2選手は今後も数回授業に参加する予定となっております。今回の対象の試合は『総力1万人プロジェクト』の試合となっており、授業に参加している生徒の皆さんも多くの方にご来場いただくために様々なイベントやグルメについて案を出しています。現段階ではどの案が実現できるかは未定ですが、皆様に楽しんでいただけるように準備を進めています!お楽しみに!

レノファ山口FCでは引き続き、各自治体や企業・団体と連携しシャレン活動を行ってまいります!


過去のお知らせ

各年度

Copyright © RENOFA YAMAGUCHI FC

bastu