TOP HISTORY 15年の軌跡 リレーコラム

山本アンバサダーコラム

レノファの母体となった県サッカー教員団でDFとして国体に3度出場。1990年から16年間は監督を努め、チームを天皇杯に4度導いた。2006年のレノファ山口設立のメンバーの一人で、現在もクラブの「アンバサダー」としてホームゲームの運営やPR活動に携わる。2021年4月、取締役に就任。教師としては萩商工高、下関商業高、西京高の校長などを歴任し、山口高時代はレノファの河村孝社長の担任を努めた。選手たちとも親交が深く、オフは一緒に出かけることも。

第6話 2011年

チーム力アップした月岡監督体制
2年目の勝負に懸ける


前年度には2年ぶりに中国リーグ制覇を果たすとともに3年連続全国地域リーグ決勝大会へ出場しましたがJFL昇格は叶わず。チーム立ち上げからの5年間の悔しい結果を胸に2011シーズンは「Go For All」を新たなスローガンとして月岡利明監督体制2年目がスタートします。山口国体優勝そしてJFL昇格という目標達成に向けて実績のある選手たちが加入してきました。その中でもサガン鳥栖から市原大嗣選手、ジェフリザーブスから高田健吾選手、吉備国際大学から上垣卓也選手、福山大学から寺田賢人選手、そして山口県出身Jリーガーである闘魂ストライカー・中山元気選手(現在はレノファ山口のトップチームコーチ)が湘南ベルマーレから加入し戦力はさらに充実してきました。このシーズンから主将には福原康太選手が就きチームをけん引していくことになります。山口教員団やレノファ山口、山口県国体選抜選手として長い間山口のゴールマウスを守ってくれた前主将の澤野晃士選手が引退しファン・サポーターは寂しさを感じることとなりましたが、西川充選手を中心として正GK争いは激しくなってきました。

2011シーズン選手&スタッフ

中国リーグは各県各チームも着々と戦力補強をしてきており厳しいリーグになってきている中、レノファは連覇を目指して開幕戦を迎えました。

4月25日岡山県美作ラグビー・サッカー場での三菱自動車水島FC戦は0-1と競い負け黒星スタートとなりました。第2節以降は攻守に安定したしっかりとした戦いが続きましたが、何よりも宿敵であるデッツォーラ島根には2戦2敗と勝つことができず最終成績は13勝2分3敗で2位となり全国地域リーグ決勝大会への出場は閉ざされてしまいました。もちろん優勝はデッツォーラ島根、9月25日島根県浜山公園陸上競技場での最終戦デッツォーラ島根に負けた後のロッカールームは何とも言えぬ重苦しさに包まれたことを覚えています。

2011.9.25 中国リーグ最終戦(vs.デッツォーラ島根)

山口県選手権大会では徳山大学に勝利し3年連続で天皇杯出場。今年も勝ち上がってJリーグチームに挑みたいとの強い思いで臨んだ9月4日の1回戦ファジアーノ岡山ネクストとの戦いは1-1で延長に入り延長では互いにゴールを奪い合い2-2と決着がつかずPK戦に突入。岡山ネクスト5人全員が決めたのに対してレノファは1人が決めることができずに悔しいPK負け、この年のJチームに挑むチャンスは消滅しました。

2011.9.4 天皇杯1回戦(vs.ファジアーノ岡山ネクスト)

全国社会人大会出場を目指した中国地区予選では松江シティ相手に勝ち切ることができずに2回戦で敗退。

優勝及び天皇杯得点獲得を目指して臨んだ第66回国民体育大会おいでませ山口国体では10月2日、1回戦で鹿児島県チーム(鹿屋体育大学)に4-2で完敗を喫しました。劣勢の試合展開の中、中山元気選手が先制ゴールを奪うも前半に同点にされ、後半は完全に鹿児島県が主導権を握り3得点。終了間際に福原康太選手が意地の1ゴールを奪いましたが時すでに遅し、まさかの初戦敗退となりました。(※国体にはレノファ山口の選手を中心として山口県選抜チームとして出場。開催県枠のため中国地区予選は免除。)サッカー競技における山口県チームは成年・女子・少年男子の3部門全てにおいて1回戦で敗退するという厳しい結果になりました。山口県全体のサッカーレベルの向上及び活性化のためにもその一方策としても「山口県にJリーグチームが必要である」と強く感じさせられることとなりました。

2011.10.2 山口国体1回戦(vs.鹿児島県チーム)

“今季こそは”と強い気持ちで臨んだ2011シーズンでしたが9月25日には戦いの幕を下ろすこととなり、結果だけを見るとあらゆる面において力不足という厳しいシーズンとなりました。

選手は毎年入れ替わり年を重ねるごとにJリーグ・JFL経験者も所属していく中でコーチや運営担当等は2006年の立ち上げからほぼ変わらずに活動してきており、今後は専門的なスタッフへと刷新していかなくてはいけないという大きな課題も浮き彫りになってきています。

月岡利明監督は2011シーズンをもって退任することとなりました。月岡監督が在任2年間でレノファ山口の成長を推し進めながら選手及びチームに変革をもたらし始めてくれたことは間違いありません。月岡利明監督に感謝!

立ち上げから6年間でチームの1本1本の枝は育ちつつある中、レノファ山口という大木の中心に強くて太い幹を通すため体制の見直しを図り次シーズンに向かうこととなります。

officialtoppartner

upr 山口マツダ 不二輸送機 山口銀行 UBE マックスバリュ西日本 獺祭夢の教室 青藍会 富士商 インバースネット アーネストワン おざさ皮膚科クリニック 鋼鈑工業株式会社 澤田建設株式会社 VAN-VEAL TOKUYAMA

officialpremiumpartner

coopyamaguchi

officialpartner

ボートレース下関2小sanwa
パートナーページバナー中_ミッドフォーyasunarikoumuten
aim三光ホンダトップページ2016
豆子郎小フィンタtys
トータルホーム
イオンタウン小磯部工業ohbacreative
吉田整形20163小サンロードjaグループ20162yamaguchibyouin
JR西日本ハシモト
パートナーページバナー中_三笠産業瑞穂糧穀2016三田工業2MIYAKEみやわき矯正歯科
murakamicleannning山口宇部空港ビル20162aquatopia
yamadasekiyu山原商会20162
ぎじろくセンター20162サマンサジャパン
しものせき脳外科20162JP
パートナーページバナー中_LEONshiyakusho県民共済
エムラ
富士水産20162