TOP HISTORY 15年の軌跡 リレーコラム

山本アンバサダーコラム

レノファの母体となった県サッカー教員団でDFとして国体に3度出場。1990年から16年間は監督を努め、チームを天皇杯に4度導いた。2006年のレノファ山口設立のメンバーの一人で、現在もクラブの「アンバサダー」としてホームゲームの運営やPR活動に携わる。2021年4月、取締役に就任。教師としては萩商工高、下関商業高、西京高の校長などを歴任し、山口高時代はレノファの河村孝社長の担任を努めた。選手たちとも親交が深く、オフは一緒に出かけることも。

第4話 2009年

宮成監督体制勝負の4年目
全国地域リーグ決勝大会に再挑戦!


前年度は中国リーグ初優勝をつかみ取り全国地域リーグ決勝大会に駒を進めましたが決勝ラウンド4位とあと一歩及ばずJFL昇格ならず。その一歩はとても大きな一歩であると感じ得たことを糧に、2009シーズンは「LOAD TO JFL」を合い言葉に宮成監督体制4年目のスタートをきりました。(2009中国リーグは10チーム編成。県内チームはレノファ山口、日立笠戸と初昇格を果たした宇部ヤーマンの3チームとなる。)

新戦力としてガンバ大阪から守備の要として期待される伊藤博幹選手、カマタマーレ讃岐から石原正康選手(2011年度末に引退。河村社長とともにクラブの成長・発展のために日々全力で取り組んでいるレノファ山口GM)、徳島ヴォルティスセカンドから鈴木修平選手、FC琉球から大野寿久選手、三菱自動車水島から中川心平選手、東海大学から吉次陽選手ら10名が加入し選手層も厚くなり中国リーグ制覇とJFL昇格を目指し開幕を迎えました。

2009シーズン選手&スタッフ集合写真

リーグでは5月に黒星を重ねてしまい13勝1分け4敗で2位。5月10日デッツォーラ島根に0-2、17日宇部ヤーマンに1-3、31日佐川急便中国に1-5とホームで3連敗を喫したのが最後まで響き優勝は佐川急便中国に奪われました。5月17日きらら博記念公園サッカー・ラグビー場でのゲーム後、選手・スタッフも帰りグラウンドで二人きりになった時、ミヤ(監督)が「やっぱりダメなんかね。山口県でJリーグは無理なんかね。」と初めて弱音を吐いたことを覚えています。ミヤからこんな弱気な言葉を聞いたのは後にも先にもこの時だけです。6月に入り宮成監督は一切ぶれることなく妥協することなくしっかりとチームを立て直し勝ち続けました。(この頃すでにシーズンオフの監督退任を決めていたのでは・・・)。優勝は逃しましたが、個人賞では激しい争いを制して見事に得点王に福原康太選手、アシスト王に柏原涉選手が輝きました。

この年は優勝した佐川急便中国が全国地域リーグ決勝大会への出場を辞退したため2位レノファにJFL昇格のチャンスが巡ってきました。2年連続での挑戦となります。

山口県選手権大会では前年に続き優勝し天皇杯へ出場、天皇杯1回戦では三菱自動車水島に1-1からPK戦7人目で勝利(選手たちは勝ち上がって川崎フロンターレと戦いたい、と強い気持ちを抱いていましたからね。)10月11日、いよいよ2回戦でJ1・川崎フロンターレに挑むこととなります。前日川崎市入りし当日はタクシーに分乗して気持ちを高揚させながら川崎市営等々力陸上競技場に乗り込みました。

5千人近くのフロンターレサポーターが創り出す最高の雰囲気、そして何よりもオレンジ・ユニのレノファサポーターに勇気をもらい選手たちはピッチに立ちました。ゲームは鄭大世(チョン・テセ)選手(現:町田ゼルビア)にヘディングで3ゴール決められ1-6での大敗。前半22分にコーナーキックから鄭大世選手に強烈なヘディングシュートを決められた1分後、柏原渉選手が同点ゴールを決めた瞬間レノファベンチではみんなで飛び上がって喜んだのを覚えています。なんとフロンターレのDFには昨年からレノファで活躍している菊地光将選手がいて守備網を張っていましたからね。今季もフロンターレに所属している登里享平選手も途中出場しています。不思議な縁や時の流れを感じます。ゲーム後にフロンターレサポーターにあいさつに行った時、温かいレノファコールを贈ってもらったことは嬉しかったですね。スタンドからの「レノファ山口、Jの舞台で待っているぞ、頑張れ!」という多くの声援・応援は今でも耳に残っています。

天皇杯2回戦/vs.川崎フロンターレ戦 1-6(2009.10.11 川崎市営等々力陸上競技場)

”今年こそはJFL昇格を”つかみ取るため決戦の舞台へ、11月21日から3日間鳥取市コカ・コーラウェストスポーツパークで開催された全国地域リーグ決勝大会予選ラウンドでは沖縄かりゆしFCに1-1(7PK6、9人目で決着)、浜松大学には4-0で勝ち、迎えた最終日決勝ラウンド進出を懸けて挑んだ松本山雅FCに0-3と完敗を喫し万事休す。2勝1敗で予選ラウンド2位、前年に続き力足りずJFL昇格を叶えることはできませんでした。

全国地域リーグ決勝大会予選ラウンド/vs.松本山雅戦 0-3(2009.11.23 鳥取市コカ・コーラウェストスポーツパーク)

宮成隆監督はこの年限りで4年間務めた監督を退任し、総監督・GMに専念することとなりました。歩みを止めるわけにはいきません。レノファ山口は新体制へと舵を切り「J」のつく場所へ挑み続けることとなります。

officialtoppartner

upr 山口マツダ 不二輸送機 山口銀行 UBE マックスバリュ西日本 獺祭夢の教室 青藍会 富士商 インバースネット アーネストワン おざさ皮膚科クリニック 鋼鈑工業株式会社 澤田建設株式会社 VAN-VEAL TOKUYAMA

officialpremiumpartner

coopyamaguchi

officialpartner

ボートレース下関2小sanwa
パートナーページバナー中_ミッドフォーyasunarikoumuten
aim三光ホンダトップページ2016
豆子郎小フィンタtys
トータルホーム
イオンタウン小磯部工業ohbacreative
吉田整形20163小サンロードjaグループ20162yamaguchibyouin
JR西日本ハシモト
パートナーページバナー中_三笠産業瑞穂糧穀2016三田工業2MIYAKEみやわき矯正歯科
murakamicleannning山口宇部空港ビル20162aquatopia
yamadasekiyu山原商会20162
ぎじろくセンター20162サマンサジャパン
しものせき脳外科20162JP
パートナーページバナー中_LEONshiyakusho県民共済
エムラ
富士水産20162