10/7vsFC岐阜
10/7vsFC岐阜

レノファ山口FC

slogan 2018
2018スローガン
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • レノファ山口youtubeチャンネル
試合結果
  • 試合結果データ
  • 試合結果フォト
レノファ山口
維新みらいふスタジアム
試合終了
  • 1
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
愛媛FC
試合情報
2018明治安田生命J2リーグ第2節 vs.愛媛FC 入場者数5,095人
2018.3.415:04キックオフ
維新みらいふスタジアム

[GK] 44 藤嶋 栄介
[DF] 03 渡辺 広大
[DF] 02 坪井 慶介
[DF] 06 前 貴之
[DF] 16 瀬川 和樹
[DF] 08 小野瀬 康介
[MF] 05 佐藤 健太郎
[MF] 29 三幸 秀稔
[MF] 07 大﨑 淳矢
[FW] 19 オナイウ阿道
[FW] 18 高木 大輔

メンバー

[GK] 01 岡本 昌弘
[DF] 14 小池 純輝
[DF] 23 林堂 眞
[DF] 02 山﨑 浩介
[DF] 24 池田 樹雷人
[DF] 05 前野 貴徳
[MF] 04 西岡 大輝
[MF] 17 小暮 大器
[MF] 11 神田 夢実
[FW] 09 有田 光希
[FW] 15 丹羽 詩温

[GK] 33 山田 元気
[DF] 04 福元 洋平
[DF] 21 廣木 雄磨
[MF] 11 鳥養 祐矢
[MF] 28 髙橋 壱晟
[FW] 09 岸田 和人
[FW] 24 山下 敬大

SUB

[GK] 31 パク ソンス
[DF] 33 三原 秀真
[MF] 06 野澤 英之
[MF] 10 神谷 優太
[MF] 25 竹嶋 裕二
[FW] 26 上原 慎也

[前半]7本 [後半]8本 シュート [前半]7本 [後半]2本
[前半]6本 [後半]4本 GK [前半]4本 [後半]8本
[前半]0本 [後半]2本 CK [前半]1本 [後半]2本
[前半]5本 [後半]3本 直接FK [前半]5本 [後半]9本
[前半]2本 [後半]1本 間接FK [前半]0本 [後半]1本
[前半]0本 [後半]0本 PK [前半]0本 [後半]0本
[前半]2 [後半]1 オフサイド [前半]0 [後半]1

27分 オナイウ 阿道

得点

70分 大﨑 淳矢 → 髙橋 壱晟
79分 小野瀬 康介 → 山下 敬大
89分 高木 大輔 → 鳥養 祐矢

交代

HT 神田 夢実 → 神谷 優太
62分 有田 光希 → 上原 慎也
72分 西岡 大輝 → 野澤 英之

7分 大﨑 淳矢
37分 前 貴之
54分 小野瀬 康介

警告

12分 神田 夢実

退場

監督のコメント

2試合続けてのホームということで、ホームのサポーターのみなさんに良い結果を出すことができて満足しています。結果の勝ち点3を取ることを目的でやっていますので、修正していかなければいけないことはたくさんありますが、選手は頑張って戦ってくれました。

 

-前線の選手のプレスについて、評価は?

走らないと勝てないと言っていますので、90分走り切れたからOKではなくて、走り切れた結果、ちゃんと勝利に繋がったかどうかを評価の基準にしたいと考えています。後ろの選手のインターセプトやヘディング、前の選手が追ってくれるからこそ後ろの選手がボールを奪えるという連動性は非常に良くできたと思います。

 

-ボールを取られたあとの守備はどうだったか?

僕らは怖がらないでボールを繋いでいこうというサッカーを目指しています。相手のレベルが上がったり、こちらのミスがあって、100パーセント繋げない前提でやっていますので、繋げなかったときにすぐに奪い返すところまでを意識しています。取られたことに関してはネガティブに考えていないです。取られたあとに取り返せなかった部分は反省しないといけないです。

 

-総得点の差ですが、首位をキープしました。その点については?

サポーターのみなさんは一週間気分良く過ごしてもらえると思いますので、その点に関してはホームで開幕2連勝は非常に喜ばしいことだと思いますが、僕自身は一喜一憂するつもりもないので、前節と同じでやらなければいけないことがまだまだ山ほどありますので、この一週間でいい準備をして、次も勝って、またそういう質問をしていただけるように頑張ります。

 

 

 

選手のコメント

19.オナイウ阿道選手

-今日の得点の時に意識したことは?

ボールが来るなと思って、来たときにはしっかりボールを飛ばすことを考えて、強いボールを枠に飛ばすことを考えていました。ちょっと(コースが)甘かったので、その分、力でなんとかGKの手をはじけたのかなと思います。

 

-前線からのディフェンスについての評価は?

それはどこ(のポジション)も同じなので、本当に継続してやっていかないといけないなと思います。

 

-霜田監督は得点を要求していると思います。結果については?

(点を求めるのは)その通りだと思います。前線の選手、FWは点数を一人一人が多く取っていければチームの勝ちは増えていくと思いますし、今日のように前線の選手が守備をしたり、後ろの選手が身体を張ってゼロで抑えて、1-0で勝つ試合が増えてくれば、本当にどんどん強いチームになっていくと思います。

 

-前線3人の関係は?

サイドの二人は積極的に仕掛けてくれますし、僕は攻撃のときは攻撃の起点、守備の時はスタートとして始めにスタートを切ってプレッシャーを掛けられればと思います。

 

-次の試合への意気込みを聞かせて欲しい。

初めてのアウェーになるので3連勝目指してしっかり今日出た課題を修正して、いい形で次の試合が迎えられたらいいなと思います。

 

18.高木 大輔選手

-試合を振り返ってほしい。

点を取れなかったのは悔しいですが、チームの勝ちが一番だし、チームのために何ができるかいうのが自分のプレーの良さだと思っているので、それこそ自分が取っていれば楽な試合ですが、今後に取っていければいいのかなと思います。

 

-2節を終えて首位に立っていることについては?

まだまだ40試合もありますし、難しいゲームもありますし、いいときや悪いときも出てくると思いますが、どんなときでもやるサッカーをブレさせないことが大事だと思いますし、今本当に自信持ってできている分、躓いたときに一丸となって戦えるかが大事だと思います。でも2節が終わって上位、首位にいられるのはすごく大切なことだと思います。負けなければ首位で行けるわけですし、勝ち進んでいければいいのかなと思います。

 

-次戦に向けての意気込みを聞かせてほしい。

次の栃木も勢いがあるチームですが、今シーズン初のアウェーですが、この勢いを大切にチームとして戦っていければいいなと思います。

 

6.前 貴之選手

-試合を振り返ってどうだったか?

追加点が取れなかったのでしんどかったですが、逃げ切れたのは良かったです。1-0でしたが守備が集中して守れていた。ゼロで終われたというのは、熊本戦から修正できたのかなと思います。展開されても最後で身体を張れて守ることができていました。継続してやっていきたいです。

 

-先制点のクロスの場面を振り返ってほしい。

小野瀬選手が溜めを作ってくれて、中を見たときに、誰かは分からなかったですが、中に味方がいるのが見えたのでクロスを上げました。それに阿道選手が合わせてくれました。感謝しています。

 

-小野瀬康介選手とのコンビネーションは?

去年からやっているので、何も言わなくても理解できる関係性になっているので、どういったことをしたいかは言わなくても分かる感じでできています。

トップページ > 試合結果 > 2018明治安田生命J2リーグ > 2018明治安田生命J2リーグ第2節 vs.愛媛FC
OFFICIAL PREMIUM PARTNER
aeoncreditcoopyamaguchi
トヨペット_toppu
OFFICIAL PARTNER
sanwa明治安田HP1オカダ工房20162地域情報新聞
aimどんどん小豆子郎小
フィンタまるもや刺繍トップページyasunarikoumutenヤマコー20162
トータルホーム長門製作所20162山原商会20162
アースクリエイティブイオンタウン小磯部工業オレンジ歯科20162エミアス2
ohbacreative恵裕会 ほかお歯科こだま歯科小三光ホンダトップページ2016サンロードシーサイド病院2
jaグループ20162yamaguchibyouin吉田整形20163小生和会(トップページ)田村建材2
tys南陽塗装工業HPトップバナーJR西日本はやし_hp
ボートレース下関2小パートナーページバナー中_三笠産業瑞穂糧穀2016三田工業2パートナーページバナー中_ミッドフォー
mihoridouMIYAKEmurakamicleannning山口宇部空港ビル20162aquatopia山口産業
shiyakushoそうごう自動車学校小KRYyamadasekiyu読売新聞20162
ALSOK2ぎじろくセンター20162共栄安全トップページサマンサジャパン全日空2
東武住販小みやわき矯正歯科サンブランディング
野口工務店ロゴHP2ハシモト
しものせき脳外科20162長州産業2JP
パートナーページバナー中_LEONパートナーページバナー中_フラワーブロス県民共済
エムラ新川物流
積水ハウス富士水産20162藤本工業20162YICリハビリ
Top