レノファ山口

志こころひとつに
  • facebook
  • twitter
レノファ山口youtubeチャンネル
  • ホームタウン
  • スタジアムガイド
  • チケット半券サービス
  • 法人サポーター募集
  • スクール
  • カーシェアリング
  • 応援自販機
  • レノファ山口応援サポートウォーター
  • グルメガーデン
  • ふわふわドーム
  • teambonds
  • FM山口GOGORENOFA
  • TYSrenofasquere
  • 山口朝日放送みんなのレノファ
  • 週間レノファTV
  • カモンFM_RIDEONRENOFA
  • insiderenofa
  • オレンジ
子どもたちに夢を!11.鳥養選手と3.渡辺選手が山口市立上郷小学校にて講演を行いました! トップページ > レノファのニュース > クラブ情報 > 子どもたちに夢を!11.鳥養選手と3.渡辺選手が山口市立上郷小学校にて講演を行いました!

子どもたちに夢を!11.鳥養選手と3.渡辺選手が山口市立上郷小学校にて講演を行いました!


10/31(火)山口市立上郷小学校で11.鳥養選手、3.渡辺選手が講演を行いました。

まずは、6年生73名がハイタッチでお出迎え。

鳥養選手・渡辺選手はハロウィンにちなんで、衣装を着て登場し、生徒たちを沸かせていました。

その後、生徒たちとドリブル対決をし、華麗なプレーを披露していました。

 

渡辺選手は、自身のサッカー人生を黒板を使って解説。

小学6年生時にJチームのセレクションに合格できず、その悔しかった気持ちが自身の原点であり、その後高校に進学し全国準優勝を成し遂げ、プロの道に進むことができたこと。悔しさを力に変えてきたことをお話しました。

また、心・技・体のお話で特に「心」の部分、挨拶やお礼をするなど人との関りを大切にし、謙虚でいることの大切さをお話していました。

 

鳥養選手も自身のサッカー人生を振り返り、たくさんの挫折を経験してきたこと、そしてその挫折が自分の力になっているとお話しました。

また、好きなことに対して好きという気持ちを持ち続ける、そしてあきらめない気持ちが大切とのお話でした。

また、今の自分があるのはたくさんの人たちのおかげ。人に助けてもらえること、またそれに感謝する気持ちを持つことの大切さを伝えていました。

  • 生徒たちから「休みの日は何をしているんですか?」との質問に対して、両選手ともに「家族の時間を大切にしている。」と答えていました。

 

また、最後のお話として、「勉強はしっかりしたほうがいい。勉強をしっかりすることで自分の夢に近づけたり、近づくための選択肢が広がる。」と勉強を頑張る大切さも伝えていました。

 

メモを取りながら真剣にお話しを聞いてくださった生徒さんたちへ、ハロウィンということで退場の際に自分たちで用意したお菓子を配り、大変喜んで頂けたようでした。

Top